毎日利用する

いつも利用している電気は、生活する中では欠かせない存在になってきています。そのため、少しでも節約を、少しでもエコ活動を、ということで太陽光発電システムを導入する家庭が増加してきています。

新しい試み

ソーラーシェアリングとは農作業地の上空数メートルに長方形のソーラーパネルを一定間隔に並べて、電気を発電しようという試みです。農作物の太陽光を遮ること無く電気が発電可能です。

電気使用量を警告

電気会社で言うデマンドコントロールとは設定値以上の電気を使用した時に警告が鳴るシステムのことです。これによって電気の使いすぎを抑えることができ、消費電力を下げることにも繋がります。

ダクトの清掃作業

ダクトの清掃は非常に重要です。ダクト清掃は誰でも出来るものではなく、しっかりとした技術がなければ危険も伴います。専門業者に依頼するのが一般的で、定期的に綺麗に清掃することが求められます。